• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

 大谷翔平(24=エンゼルス)があるとき、ロッカールームで同僚にからかわれた。もちろん英語でだ。

 大谷にはいまも、通訳が影のようにピタリと張り付いている。首脳陣や同僚の話が理解できないのだろう。通訳を通じてからかわれたことを知った大谷は日本語で、「自分だってやってるじゃん」と笑いながら返したそうだ。

 ときには「ふざけんなよ!」と、ニコニコしながら日本語で言い返すこともある。

「大谷が発するのはほとんど日本語。ただ、相手がMVPを2度獲得したトラウト(26)であろうと、現役最多630本塁打のプホルス(38)だろうと敬語は、まず使ったことがありません。あくまで日本語ですが、年上のベテラン相手でもタメ口で返しています。それを通訳が忠実に英語に訳しているかどうかは定かじゃありませんけど(笑い)」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  8. 8

    フィギュアスケート日野龍樹さんの好物は目玉焼きのせご飯

  9. 9

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る