主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

公開日: 更新日:

 大谷翔平(24=エンゼルス)があるとき、ロッカールームで同僚にからかわれた。もちろん英語でだ。

 大谷にはいまも、通訳が影のようにピタリと張り付いている。首脳陣や同僚の話が理解できないのだろう。通訳を通じてからかわれたことを知った大谷は日本語で、「自分だってやってるじゃん」と笑いながら返したそうだ。

 ときには「ふざけんなよ!」と、ニコニコしながら日本語で言い返すこともある。

「大谷が発するのはほとんど日本語。ただ、相手がMVPを2度獲得したトラウト(26)であろうと、現役最多630本塁打のプホルス(38)だろうと敬語は、まず使ったことがありません。あくまで日本語ですが、年上のベテラン相手でもタメ口で返しています。それを通訳が忠実に英語に訳しているかどうかは定かじゃありませんけど(笑い)」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る