• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セ打率首位の竜平田ピンチ 愛用“アオダモ”バット消滅危機

 10日現在、.337でセの打率トップにいるのが中日の平田良介(30)。この日のDeNA戦は3打数1安打、目下6試合連続ヒット中だ。しかし、「安打製造機」がピンチに直面している。打者にとって命ともいうべきバットの変更を余儀なくされているからだ。平田が言う。

「普段はアオダモを使っているんですけど、なくなるので、メープルかアッシュか……。シーズン中に切り替えるため、バットを早く自分に慣れさせることが一番大変かなと。今まで(シーズン中に)変えたことがなかったし、変えたくない。本当は嫌なんですけど、仕方がない」

 トレードマークのオレンジ色、こだわりは細めのグリップというアオダモのバットが残り7本になってしまったのだ。しなりがあって軟らかく、多くの日本人選手が愛用してきたアオダモは現在、消滅の危機に瀕している。メジャーでは米国の気候やボールの性質上、硬くて反発力の強いメープルやアッシュを好む選手が多い中、イチローはかたくなにアオダモを使用していたが、入手困難となって材質を変えざるを得なかった。大谷翔平は渡米後もアオダモを使用。平田が「こちらに回ってこなくなる」と冗談交じりでボヤいたように、現状は奪い合いなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る