セ打率首位の竜平田ピンチ 愛用“アオダモ”バット消滅危機

公開日:  更新日:

 10日現在、.337でセの打率トップにいるのが中日の平田良介(30)。この日のDeNA戦は3打数1安打、目下6試合連続ヒット中だ。しかし、「安打製造機」がピンチに直面している。打者にとって命ともいうべきバットの変更を余儀なくされているからだ。平田が言う。

「普段はアオダモを使っているんですけど、なくなるので、メープルかアッシュか……。シーズン中に切り替えるため、バットを早く自分に慣れさせることが一番大変かなと。今まで(シーズン中に)変えたことがなかったし、変えたくない。本当は嫌なんですけど、仕方がない」

 トレードマークのオレンジ色、こだわりは細めのグリップというアオダモのバットが残り7本になってしまったのだ。しなりがあって軟らかく、多くの日本人選手が愛用してきたアオダモは現在、消滅の危機に瀕している。メジャーでは米国の気候やボールの性質上、硬くて反発力の強いメープルやアッシュを好む選手が多い中、イチローはかたくなにアオダモを使用していたが、入手困難となって材質を変えざるを得なかった。大谷翔平は渡米後もアオダモを使用。平田が「こちらに回ってこなくなる」と冗談交じりでボヤいたように、現状は奪い合いなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る