二刀流復帰は先延ばしに…大谷に求められる“打者ノルマ”

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)が機動力で周囲をうならせている。

 22日(日本時間23日)のアストロズ戦では、エンドランのサインが出ると、6番キンズラーの左越えの当たりで、一塁から快足を飛ばして一気に生還した。この日は3度出塁。投手のモーションを盗んで盗塁を試みるなど、積極的な走塁が目立った。

 本塁から一塁へのタイムはチームトップの3.82秒(左打者のメジャー平均は4・21秒)をマークしたことも。今やエンゼルスではチーム一の韋駄天と位置付けられており、「グリーンライト」(自由に盗塁していい権利)を与えられている。

 6月には右肘靱帯損傷で故障者リスト(DL)入り。まずは打者として復帰し、再検査の結果、投球に支障はないとして投手としての練習も再開した。今季中の二刀流復帰を目指しているとはいえ、チームのポストシーズン進出は厳しい状況だ(首位アストロズと15ゲーム差のア・リーグ西地区4位=22日終了時)。万全な状態で来季の開幕を迎えるため、今季の残り試合は打者に専念する可能性も否定できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る