• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京五輪で森保J入り本気で狙う 本田圭佑のソロバン勘定

 東京五輪世代のU―21日本代表を率いる森保監督(49)が3日、インドネシアで14日に開幕するアジア大会・サッカーの代表メンバー20人を発表した。

 仙台DF板倉など主力組、京都MF岩崎ら復帰組、そして早大GK小島といった大学生組が選ばれた五輪ジャパンで注目されているのが「年齢制限のないオーバーエージ(OA)枠」として選出される「3選手」は誰なのか――である。

 森保監督は、以前から東京五輪に向けたチーム作りに「OA枠を積極的に利用する」と明言している。これに反応したのが、ロシアW杯を最後にA代表引退を表明したMF本田圭佑(32)だ。2日に「東京五輪にOAで出場することを目標に自分を鍛え上げたい。僕が入ることで求められるのはひとつ。優勝しかない」と言い切った。

「本田は近日中にオーストラリア1部のメルボルン移籍を発表する予定です。欧州復帰を公言していた本田がどうしてオーストラリアなのか。本田は数年来、欧州やメキシコと日本との往復で時差ボケに苦しめられた。それで時差が1時間しかないオーストラリアを新天地に選んだ。本田はオーストラリアでサッカースクールなどを展開し、ビジネスの拠点にすることを考えている。オーストラリアで現役を続けながら、五輪代表OA選手の肩書が加われば、知名度を維持できる上にビジネスの面でもプラスとなる」(サッカー関係者)

 そこで本田、ソロバンをはじきながら森保監督に猛アピールなのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る