17歳の“天才司令塔”久保建英は森保ジャパンの初陣を救うか

公開日:

 日本代表監督を兼任するU―21代表(2020年東京五輪世代)の森保一監督(49)にとって初めての公式大会となるのが、14日に1次リーグの初戦を迎えるアジア大会(インドネシア)だ。

 同大会にはU―21代表の若手選手が参戦。代表メンバーは3日に発表される。しかし、A代表の常連と比較するまでもないが、知名度がないので話題性に乏しく、指揮官の地味なキャラクターもあいまって、どうにもこうにも森保ジャパンの初陣が盛り上がらない。

「そこで起爆剤として期待されているのが、FC東京に所属する17歳MFの久保建英です」とサッカー関係者が続ける。

「10歳からバルセロナの下部組織でプレーしていた久保は、プレースタイルがバルセロナのメッシに似ていることから<和製メッシ>と呼ばれていた。15年3月に帰国してFC東京の下部組織に入団。17年5月開幕のU―20W杯に弱冠15歳で選ばれ、飛び級の参加ながら成熟したプレーを随所で見せた。大会後、チームを率いた内山監督が『彼の目標は(東京五輪の)五輪代表ではなくてA代表です』と言い切っていたのが印象的だった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る