17歳の“天才司令塔”久保建英は森保ジャパンの初陣を救うか

公開日: 更新日:

 日本代表監督を兼任するU―21代表(2020年東京五輪世代)の森保一監督(49)にとって初めての公式大会となるのが、14日に1次リーグの初戦を迎えるアジア大会(インドネシア)だ。

 同大会にはU―21代表の若手選手が参戦。代表メンバーは3日に発表される。しかし、A代表の常連と比較するまでもないが、知名度がないので話題性に乏しく、指揮官の地味なキャラクターもあいまって、どうにもこうにも森保ジャパンの初陣が盛り上がらない。

「そこで起爆剤として期待されているのが、FC東京に所属する17歳MFの久保建英です」とサッカー関係者が続ける。

「10歳からバルセロナの下部組織でプレーしていた久保は、プレースタイルがバルセロナのメッシに似ていることから<和製メッシ>と呼ばれていた。15年3月に帰国してFC東京の下部組織に入団。17年5月開幕のU―20W杯に弱冠15歳で選ばれ、飛び級の参加ながら成熟したプレーを随所で見せた。大会後、チームを率いた内山監督が『彼の目標は(東京五輪の)五輪代表ではなくてA代表です』と言い切っていたのが印象的だった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る