メルボルン入り報道の本田 豪行きの裏に新ビジネス足固め

公開日: 更新日:

 ロシアW杯後に「日本代表から引退」を表明したMF本田圭佑(32)。

 メキシコ・パチューカを離れ、移籍先が注目されていたが、J名古屋2005年入団の同期生で元北朝鮮代表MF安英学と横浜市内の朝鮮中高級学校をサプライズ訪問(7月19日)したり、経産省で世耕経産相と会談(同21日)したり、およそ現役サッカー選手とは思えないような動きを見せていた。

「本田は名古屋入りする際に朝鮮半島にルーツがあり、安英学の入団にも関わったスカウティング部門の担当者の推薦があった。その縁もあって安英学とは気心の知れた仲だった。経産相との会談は本田サイドから持ちかけた話。経産省は6月にベンチャー支援事業をスタート。ベンチャー企業を育成する投資ファンドへの関心を高めている本田と会談すれば、新規の支援事業をアピールできるという思惑があった」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る