今季最多観衆でJデビュー イニエスタ32億円の“費用対効果”

公開日:

 本拠地ノエビアスタジアム神戸は2万6146人の大観衆で埋まった。

 J1神戸に新加入したMFアンドレス・イニエスタ(34)のJデビュー戦。ホームの今季最多観衆の盛り上がりが最高潮に達したのは後半14分だった。

 イニエスタが途中出場でピッチに入ると、客席から割れんばかりの大歓声が。神戸は0―3で湘南に敗れたものの、イニエスタにボールが渡るたびにスタンドは地鳴りのように揺れた。

 イニエスタは16シーズン在籍したスペインリーグのバルセロナで前人未到の3連覇を含む4度のCL制覇。実に32のタイトル獲得に貢献した、世界的スーパースターである。神戸での年俸は約32億5000万円の3年契約。余計なお世話だが、元が取れるのか心配になってくる。

「イニエスタの入団が決まってから、ホームのチケット売り上げは驚異的な伸びを見せた。この日の観衆は2万人超。直近のホーム試合での入場者数が6895人だったから、約4倍です。すでに8月までの指定席はほぼ完売。グッズも爆発的に売れ、イニエスタの名前と背番号入りのレプリカユニホームは生産が追い付かない。予約者が殺到し、手元に届くのは9月上旬以降だというのですから、さすがの注目度です。神戸はすかさずTシャツなど『Jリーグ初出場記念グッズ』の発売を発表しました」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る