今季最多観衆でJデビュー イニエスタ32億円の“費用対効果”

公開日:

 本拠地ノエビアスタジアム神戸は2万6146人の大観衆で埋まった。

 J1神戸に新加入したMFアンドレス・イニエスタ(34)のJデビュー戦。ホームの今季最多観衆の盛り上がりが最高潮に達したのは後半14分だった。

 イニエスタが途中出場でピッチに入ると、客席から割れんばかりの大歓声が。神戸は0―3で湘南に敗れたものの、イニエスタにボールが渡るたびにスタンドは地鳴りのように揺れた。

 イニエスタは16シーズン在籍したスペインリーグのバルセロナで前人未到の3連覇を含む4度のCL制覇。実に32のタイトル獲得に貢献した、世界的スーパースターである。神戸での年俸は約32億5000万円の3年契約。余計なお世話だが、元が取れるのか心配になってくる。

「イニエスタの入団が決まってから、ホームのチケット売り上げは驚異的な伸びを見せた。この日の観衆は2万人超。直近のホーム試合での入場者数が6895人だったから、約4倍です。すでに8月までの指定席はほぼ完売。グッズも爆発的に売れ、イニエスタの名前と背番号入りのレプリカユニホームは生産が追い付かない。予約者が殺到し、手元に届くのは9月上旬以降だというのですから、さすがの注目度です。神戸はすかさずTシャツなど『Jリーグ初出場記念グッズ』の発売を発表しました」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る