今季最多観衆でJデビュー イニエスタ32億円の“費用対効果”

公開日: 更新日:

 本拠地ノエビアスタジアム神戸は2万6146人の大観衆で埋まった。

 J1神戸に新加入したMFアンドレス・イニエスタ(34)のJデビュー戦。ホームの今季最多観衆の盛り上がりが最高潮に達したのは後半14分だった。

 イニエスタが途中出場でピッチに入ると、客席から割れんばかりの大歓声が。神戸は0―3で湘南に敗れたものの、イニエスタにボールが渡るたびにスタンドは地鳴りのように揺れた。

 イニエスタは16シーズン在籍したスペインリーグのバルセロナで前人未到の3連覇を含む4度のCL制覇。実に32のタイトル獲得に貢献した、世界的スーパースターである。神戸での年俸は約32億5000万円の3年契約。余計なお世話だが、元が取れるのか心配になってくる。

「イニエスタの入団が決まってから、ホームのチケット売り上げは驚異的な伸びを見せた。この日の観衆は2万人超。直近のホーム試合での入場者数が6895人だったから、約4倍です。すでに8月までの指定席はほぼ完売。グッズも爆発的に売れ、イニエスタの名前と背番号入りのレプリカユニホームは生産が追い付かない。予約者が殺到し、手元に届くのは9月上旬以降だというのですから、さすがの注目度です。神戸はすかさずTシャツなど『Jリーグ初出場記念グッズ』の発売を発表しました」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  8. 8

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

もっと見る