• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季最多観衆でJデビュー イニエスタ32億円の“費用対効果”

 本拠地ノエビアスタジアム神戸は2万6146人の大観衆で埋まった。

 J1神戸に新加入したMFアンドレス・イニエスタ(34)のJデビュー戦。ホームの今季最多観衆の盛り上がりが最高潮に達したのは後半14分だった。

 イニエスタが途中出場でピッチに入ると、客席から割れんばかりの大歓声が。神戸は0―3で湘南に敗れたものの、イニエスタにボールが渡るたびにスタンドは地鳴りのように揺れた。

 イニエスタは16シーズン在籍したスペインリーグのバルセロナで前人未到の3連覇を含む4度のCL制覇。実に32のタイトル獲得に貢献した、世界的スーパースターである。神戸での年俸は約32億5000万円の3年契約。余計なお世話だが、元が取れるのか心配になってくる。

「イニエスタの入団が決まってから、ホームのチケット売り上げは驚異的な伸びを見せた。この日の観衆は2万人超。直近のホーム試合での入場者数が6895人だったから、約4倍です。すでに8月までの指定席はほぼ完売。グッズも爆発的に売れ、イニエスタの名前と背番号入りのレプリカユニホームは生産が追い付かない。予約者が殺到し、手元に届くのは9月上旬以降だというのですから、さすがの注目度です。神戸はすかさずTシャツなど『Jリーグ初出場記念グッズ』の発売を発表しました」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る