• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

申ジエと同組も集中 福田真未ツアー2勝目に比嘉の援護射撃

【北海道meijiカップ】

「朝からいい緊張感で楽しくラウンドができた。震えるようなドキドキはなかった。(14番でボギーも)目の前の一打に集中して、しっかりプレーできた」

 首位発進の福田真未(26)が68で回り、トーナメント記録を更新する通算15アンダーで今季初、ツアー通算2勝目を挙げた。

 最終日はスロープレー常習で知られる申ジエ(30)と同組になった。

 申はツアー16勝の実力者だが、プレーリズムを狂わされるため同組になるのを嫌がる女子プロは多い。

 今年のワールドレディスサロンパス杯では最終日最終組で一緒だった鈴木愛がペースを乱され、おまけに申に優勝をさらわれて1打差2位に終わった。

 この時は最終組にプレーペースが遅いと競技委員から警告が出た。鈴木は「走らされるとは思っていなかったし、(警告には)優勝争いをしていて気持ちよくプレーできない。もうちょっと落ち着いてやりたかった」と暗に申を批判した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る