• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シニアツアーデビュー 原前監督が“客寄せパンダ”の是非

投稿日:

【熊本・阿蘇シニアオープン最終日】 

デビュー戦は上出来と言えよう。

 今大会に主催者推薦で出場しているプロ野球巨人前監督の原辰徳氏(60)が、シニアツアー初戦を59位で終えた。

 前日は4バーディー、3ボギーの71。1アンダーの40位発進に上機嫌。最終日は1番でいきなりイーグルを奪うも、その後は3バーディー、2ボギーにダボとトリが1つずつで74。通算1オーバーだった。

 ゴルフは現役時代から球界屈指の腕前(ベストスコア66)。引退後にメンバーになった相模原GCでは2004年にクラブチャンピオンにもなっている。

「原さんはドライバーが300ヤード以上飛ぶし、パットもうまい。昨年は3日間競技の全国大会、報知アマでも44位タイに入った実力者です。現役時代からスター選手ですから華があるし、プロとラウンドしても堂々としている。来月には大会顧問をしている『ファンケルクラシック』(17~19日・静岡)にも出場する。昨年は池森賢二大会会長とプロアマに参加したが、今年はプロに挑戦する。3日間で2万2600人以上集まったギャラリーは間違いなく増えるでしょう。今後はシニアツアーに引っ張りダコになるんじゃないですか」(大会関係者)

 男子のレギュラーツアーは人気低迷中。シニアツアーがプロ野球OBの参戦で盛り上がるとすれば、それはそれで問題だが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る