シニアツアーデビュー 原前監督が“客寄せパンダ”の是非

公開日:

【熊本・阿蘇シニアオープン最終日】 

デビュー戦は上出来と言えよう。

 今大会に主催者推薦で出場しているプロ野球巨人前監督の原辰徳氏(60)が、シニアツアー初戦を59位で終えた。

 前日は4バーディー、3ボギーの71。1アンダーの40位発進に上機嫌。最終日は1番でいきなりイーグルを奪うも、その後は3バーディー、2ボギーにダボとトリが1つずつで74。通算1オーバーだった。

 ゴルフは現役時代から球界屈指の腕前(ベストスコア66)。引退後にメンバーになった相模原GCでは2004年にクラブチャンピオンにもなっている。

「原さんはドライバーが300ヤード以上飛ぶし、パットもうまい。昨年は3日間競技の全国大会、報知アマでも44位タイに入った実力者です。現役時代からスター選手ですから華があるし、プロとラウンドしても堂々としている。来月には大会顧問をしている『ファンケルクラシック』(17~19日・静岡)にも出場する。昨年は池森賢二大会会長とプロアマに参加したが、今年はプロに挑戦する。3日間で2万2600人以上集まったギャラリーは間違いなく増えるでしょう。今後はシニアツアーに引っ張りダコになるんじゃないですか」(大会関係者)

 男子のレギュラーツアーは人気低迷中。シニアツアーがプロ野球OBの参戦で盛り上がるとすれば、それはそれで問題だが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る