シニアツアーデビュー 原前監督が“客寄せパンダ”の是非

公開日:

【熊本・阿蘇シニアオープン最終日】 

デビュー戦は上出来と言えよう。

 今大会に主催者推薦で出場しているプロ野球巨人前監督の原辰徳氏(60)が、シニアツアー初戦を59位で終えた。

 前日は4バーディー、3ボギーの71。1アンダーの40位発進に上機嫌。最終日は1番でいきなりイーグルを奪うも、その後は3バーディー、2ボギーにダボとトリが1つずつで74。通算1オーバーだった。

 ゴルフは現役時代から球界屈指の腕前(ベストスコア66)。引退後にメンバーになった相模原GCでは2004年にクラブチャンピオンにもなっている。

「原さんはドライバーが300ヤード以上飛ぶし、パットもうまい。昨年は3日間競技の全国大会、報知アマでも44位タイに入った実力者です。現役時代からスター選手ですから華があるし、プロとラウンドしても堂々としている。来月には大会顧問をしている『ファンケルクラシック』(17~19日・静岡)にも出場する。昨年は池森賢二大会会長とプロアマに参加したが、今年はプロに挑戦する。3日間で2万2600人以上集まったギャラリーは間違いなく増えるでしょう。今後はシニアツアーに引っ張りダコになるんじゃないですか」(大会関係者)

 男子のレギュラーツアーは人気低迷中。シニアツアーがプロ野球OBの参戦で盛り上がるとすれば、それはそれで問題だが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る