大谷翔平の穴埋めに…エ軍は大物投手獲得でFA市場の主役に

公開日: 更新日:

 大谷翔平(24)のエンゼルスが今オフのFA市場の主役になりそうだ。

 今季は右肘を手術した大谷の他、先発投手に故障者が続出して投手陣が崩壊状態に陥った。今季を最後に退任したマイク・ソーシア前監督に代わって新指揮官を迎えることもあり、他球団のエース級に触手を伸ばすというわけだ。

 米大リーグ情報サイト「ファンサイデッド」は14日(日本時間15日)、ヤンキース・田中の同僚で、今季限りで契約が切れるメジャー通算59勝右腕ソニー・グレイ(28)の調査を進めていると報じた。

 すでに大谷は来季は二刀流を封印し、打者に専念することから、160キロ右腕に代わる先発投手の補強は急務だ。

 今オフは大物投手がFA市場に。ドジャース・カーショー(19年は本人に選択権)、アストロズ・カイクルの両サイ・ヤング賞左腕の他、カブス・ハメルズら名実ともに大物投手が名を連ねる可能性もある。

 エンゼルスの資金力はメジャーで有数。ビリー・エプラーGMは今オフの動向について新監督の招聘に加えて、先発陣のテコ入れを明言しているだけに、来季の大谷は大物投手と同僚になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る