大谷翔平の穴埋めに…エ軍は大物投手獲得でFA市場の主役に

公開日:

 大谷翔平(24)のエンゼルスが今オフのFA市場の主役になりそうだ。

 今季は右肘を手術した大谷の他、先発投手に故障者が続出して投手陣が崩壊状態に陥った。今季を最後に退任したマイク・ソーシア前監督に代わって新指揮官を迎えることもあり、他球団のエース級に触手を伸ばすというわけだ。

 米大リーグ情報サイト「ファンサイデッド」は14日(日本時間15日)、ヤンキース・田中の同僚で、今季限りで契約が切れるメジャー通算59勝右腕ソニー・グレイ(28)の調査を進めていると報じた。

 すでに大谷は来季は二刀流を封印し、打者に専念することから、160キロ右腕に代わる先発投手の補強は急務だ。

 今オフは大物投手がFA市場に。ドジャース・カーショー(19年は本人に選択権)、アストロズ・カイクルの両サイ・ヤング賞左腕の他、カブス・ハメルズら名実ともに大物投手が名を連ねる可能性もある。

 エンゼルスの資金力はメジャーで有数。ビリー・エプラーGMは今オフの動向について新監督の招聘に加えて、先発陣のテコ入れを明言しているだけに、来季の大谷は大物投手と同僚になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る