新人王ライバルは5カ月半で 大谷の復帰は来季開幕の可能性

公開日:

 右肘手術からの復帰を目指すエンゼルス・大谷翔平(24)に朗報である。

 患部の回復が順調なら、復帰が早まる可能性があるからだ。

 メジャーでは投手だけでなく、野手も腱を修復するトミー・ジョン(TJ)手術を受けるケースが増えている。大谷の新人王のライバルであるヤンキースのグレイバー・トーレス内野手(21=打率2割7分1厘、24本塁打、77打点)は、昨年5月中旬にマイナーの試合で、相手選手と交錯した際に右肘を痛めてTJ手術。メジャー昇格が有力視されながら、昨シーズンを棒に振った。

 トーレスは当時20歳と若かった上、リハビリも順調にこなしたのだろう。劇的な回復を見せて、11月上旬には医師から実戦復帰のお墨付きを得た。

 TJを受けた野手が復帰できるのは通常、6カ月程度が目安だが、トーレスは術後から約5カ月半で実戦出場が可能となった。本人は今季の開幕を見据えて中南米のウインターリーグ出場を希望しながら、チーム期待の有望株のため、キャッシュマンGMの許可が下りなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る