千賀ノ浦親方も標的に…かつての同志を平気で売る性根

公開日:

 人の忠告に耳を貸さない。それどころか、忠告が自身の意に反していると、「こいつは敵だ」となる。それがたとえ、かつての同志や恩人であってもだ。

 貴乃花(46)が9月25日の会見で口にした「協会からの圧力」という言葉。その当日、芝田山広報部長(元横綱大乃国)は一門所属の義務化について、以下のように話していた。

「(貴乃花から)何のアクションもないので、阿武松親方(元関脇益荒雄)が説得をしていた。8月上旬にも、かつて貴乃花グループに所属していた親方が何度か、同様の話を本人に伝えている」

 この「かつて貴乃花グループに所属していた親方」とは、千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)のことだ。

 阿武松、千賀ノ浦の両親方は、何度も貴乃花を説得していた。互いに弟子を持つ親方として一緒にやっていきましょうと、かつての同志たちがあくまで好意から、一門入りを勧めた。それをあろうことか、貴乃花は「協会からの圧力」にすり替えてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る