同志の説得無視 貴乃花「高砂一門入り」避けたかったワケ

公開日: 更新日:

 貴乃花(46)は9月25日の会見で、相撲協会を退職する理由について「有形無形の圧力があった」と話していた。当時、旧貴乃花一門の部屋は次々と新たな一門へと移籍。唯一、貴乃花部屋だけが無所属になっていた。そんな貴乃花に圧力をかけたひとりといわれているのが、旧貴乃花一門に所属していた阿武松親方(57=元関脇益荒雄)だ。

 11日発売の「週刊新潮」では、貴乃花の後援会関係者が、「告発状の内容は事実無根だと認めて署名しろ、そうでないと部屋がバラバラになる、という話が阿武松からあった」と、語っている。

 告発状とは貴乃花が今年3月に内閣府に提出したもの。

 だがしかし、阿武松親方は日刊ゲンダイの直撃に、「魂を懸けて説得した。それをどうとらえたかは本人に確認してください」とコメント。周囲の親方にも、

「我々は弟子もいるわけだし、これからは一緒に頑張っていきましょうとは言った。でも、現役時代の番付も下の自分が、貴乃花親方を結果としてドーカツするようなことはできるわけがないでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

  10. 10

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

もっと見る