卓球Tリーグ開幕 松下浩二チェアマンに聞く“道のりと課題”

公開日: 更新日:

 今月24日に両国国技館で開幕した卓球の「Tリーグ」。日本初のプロリーグ設立を目指し、新リーグを発足させた松下浩二専務理事(51)にここまでの道のりと今後の課題について聞いた。

――プロ構想はスウェーデンに留学した大学時代からあったと聞く。

「本格的に考え始めたのは20年前。私が『ドイツのブンデスリーガみたいなものをつくりたい』と言ったときも周りの反応は『うーん』という感じでした。当時、日本にプロ選手はほぼいなかった。Tリーグは新リーグという形でプロリーグとはうたっていないですが、『なぜ新リーグが日本に必要なのか』を理解させるのに最も時間がかかった。『必要ない。今の日本の卓球は強いから今のままでいい』と言う人や、中には選手のセカンドキャリアも含めてスポーツを通じてどう社会に貢献するのかが分からない人もいて、『オレには関係ない』と言ってくる人も。自分の損得を考える人も少なくなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  7. 7

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  10. 10

    原監督の隣で評価上げる“参謀”巨人・元木ヘッドの万能ぶり

もっと見る