華々しく開幕も…卓球Tリーグの悩みは中国トップ選手不在

公開日: 更新日:

 卓球の世界最高峰リーグ――そう呼ぶには、まだ物足りない。

 24日に開幕した卓球のTリーグ。この日の男子初戦では、木下マイスター東京に所属するリオ五輪シングルス銅・団体銀の水谷隼(29=世界ランク12位)が、第1マッチで松平健太(27=同29位)とダブルスを組むなどして、T・T彩たまを3―1で下し、チームの勝利に貢献した。

 Tリーグは日本選手を中心に世界各地から選手を集め、それぞれがチーム(男女各4)に所属して戦う団体戦。いわば、国の垣根を越えた「ドリームマッチ」とも言える。

 水谷や張本智和(15=同8位、木下マイスター東京)、石川佳純(25=同4位、木下アビエル神奈川)、平野美宇(18=同9位、日本生命レッドエルフ)といった世界ランク上位の選手が顔を揃えているのは当然。国外選手の顔ぶれを見ても、韓国からは男子同7位のイ・サンス(岡山リベッツ)、香港の男子同9位・黄鎮廷(T・T彩たま)、台湾の女子同7位・鄭怡静(TOP名古屋)、ロンドン五輪単銅でシンガポールの女子同11位・馮天薇(日本ペイントマレッツ)らが参戦。トップ10かそれに匹敵する選手はそこそこいる。だが、中国のトップ選手は皆無で、画竜点睛を欠いているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る