前週3位の松山英樹 フェニックスは調子判断の格好の試金石

公開日: 更新日:

 この試合でわかる。

 米男子ゴルフ松山英樹は現地31日からフェニックス・オープン(TPCスコッツデール=7261ヤード・パー71)に出場する。

 昨年は左手親指付け根痛で第2ラウンドのスタート前にまさかの棄権。今年は16年、17年と連覇した大会で2年ぶりの優勝を狙う。パワーランキング(優勝予想)は3年連続トップ。予選ラウンドはミケルソン、ウッドランドとの注目組に入った。

 前週のファーマーズ・インシュアランスオープンは2位で決勝ラウンドに進みながら3日目は73と崩れたが、最終日に67と復調し3位タイ。17年のWGCブリヂストン招待優勝以来のトップ3フィニッシュ。調子を上げてきたようにも見える。

 16年大会は、最後の2ホールで連続バーディー。14アンダー首位のファウラーに並び、プレーオフを制すると、17年もW・シンプソンとのプレーオフに勝った。よほどアリゾナの水が合っているのか、暑さと寒さに強いティフイーグルというバミューダ芝のグリーンが好きなのか。体に痛みがない今の調子を測るには絶好の大会だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る