昨季はロサリオで懲りた…阪神マルテに注がれる冷めた視線

公開日: 更新日:

「冷静な目を持たなければと、改めて思いましたよ」

 こう語るのは、阪神のあるOBだ。

 金本前監督は昨年、韓国で2年連続3割、30本塁打、100打点以上をマークしたロサリオにぞっこん。キャンプ打ち上げ時には「4番はロサリオでいくと思う」と明言した。担当記者やOBも新大砲の打撃を高く評価していたが、フタを開けてみればサッパリ。

 75試合、打率.242、8本塁打、40打点、71三振の新助っ人は1年でクビになり、新助っ人としては球団史上最高の3億4000万円の年俸は無駄になった。

 今年の新助っ人、ジェフリー・マルテ内野手(27)は大谷翔平の元同僚で、メジャー通算4年で30本塁打。16年には88試合、15本、44打点を記録した右打者だ。

「186センチ・100キロの巨体ですからパワーはありそう。担当記者はどうしても新外国人に甘く、派手な記事を書きたがるけど、ロサリオの例があるからね。キャンプでサク越えを連発したからといって、“阪神の救世主”だなんて記事を書けば、後で赤っ恥をかくことになりかねない。記者だけじゃない。我々OBだってロサリオにはだまされた。マルテはオープン戦まで冷静に見ていくよ」(前出のOB)

 背番号31はかつて掛布雅之オーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA)が背負っていたもの。ビッグな31番は、球団、矢野新監督、そしてファンの期待に応えることができるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る