昨季はロサリオで懲りた…阪神マルテに注がれる冷めた視線

公開日: 更新日:

「冷静な目を持たなければと、改めて思いましたよ」

 こう語るのは、阪神のあるOBだ。

 金本前監督は昨年、韓国で2年連続3割、30本塁打、100打点以上をマークしたロサリオにぞっこん。キャンプ打ち上げ時には「4番はロサリオでいくと思う」と明言した。担当記者やOBも新大砲の打撃を高く評価していたが、フタを開けてみればサッパリ。

 75試合、打率.242、8本塁打、40打点、71三振の新助っ人は1年でクビになり、新助っ人としては球団史上最高の3億4000万円の年俸は無駄になった。

 今年の新助っ人、ジェフリー・マルテ内野手(27)は大谷翔平の元同僚で、メジャー通算4年で30本塁打。16年には88試合、15本、44打点を記録した右打者だ。

「186センチ・100キロの巨体ですからパワーはありそう。担当記者はどうしても新外国人に甘く、派手な記事を書きたがるけど、ロサリオの例があるからね。キャンプでサク越えを連発したからといって、“阪神の救世主”だなんて記事を書けば、後で赤っ恥をかくことになりかねない。記者だけじゃない。我々OBだってロサリオにはだまされた。マルテはオープン戦まで冷静に見ていくよ」(前出のOB)

 背番号31はかつて掛布雅之オーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA)が背負っていたもの。ビッグな31番は、球団、矢野新監督、そしてファンの期待に応えることができるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  7. 7

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  8. 8

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  9. 9

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る