復活期す阪神・藤浪に“自主性重視”矢野監督は吉か凶か?

公開日: 更新日:

 早速、動いた。

 29日、沖縄での合同自主トレを開始した阪神の藤浪晋太郎(24)がブルペンで52球を投げ込むなど、キャンプインに備えた。

 昨年は5勝、一昨年は3勝。制球難は改善されず、新人年から3年連続2ケタ勝利を挙げた面影は、もはやない。オフは競馬の武豊がプロデュースするジムで柔軟性を高めるトレーニングを中心に取り組んだが、効果はあるのかどうか。

 阪神は昨オフ、FAで前オリックスの西、中日から助っ人のガルシアを獲得。これにメッセンジャーを加えた3人を除いて、開幕ローテ投手は事実上の白紙だという。藤浪は、秋山、岩貞という実績がある投手に加え、小野、才木ら若手と先発を争う。今キャンプで7日、11日に予定されている紅白戦の登板も検討されており、実戦を通じて開幕ローテ入りをアピールしなければならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  6. 6

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る