米国と国交断絶で…ベネズエラ助っ人は日本で増えるのか?

公開日: 更新日:

 漁夫の利を得ることはできるのか。

 政情不安、ハイパーインフレ、そして欧米諸国とロシア、中国を巻き込んだ内戦が治まらないベネズエラ。23日には反米派のマドゥロ大統領が一方的に米国との国交断絶を表明した。

 そんなベネズエラの動きに戦々恐々なのがMLBだ。昨年のベネズエラ選手は開幕時点で74人と、ドミニカ共和国に次ぐ選手の供給源。28日にはベネズエラで開催予定だった2月のカリビアンシリーズが、パナマ開催に変更された。

 そこで日本球界だ。カネ次第でベネズエラの大物を助っ人として獲得することはできないか。

 スポーツライターの友成那智氏は「それは難しいでしょう」と、こう続ける。

「まず、メジャーで結果を出しているベネズエラ人が日本に来ることはない。彼らの大半は反マドゥロ派。治安が悪化する母国に帰りたくない、という者は多く、ヘルナンデス(マリナーズ)のように米国籍を取得する者も少なくない。現地の若手にしても、すでにベネズエラの有望株がメジャーに行く流れは止められない。国交がなくとも、米国に渡るくらいは難しくないですから。彼らの契約金も年々上がっているので、日本球団がおいそれと手は出せない。そもそも、メジャー球団に匹敵するコネや人脈をベネズエラに持っている日本球団があるかどうか……」

 日本球界にとっての新鉱脈にはなりそうもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る