大砲と抑え来日で8人に 巨人助っ人「一軍争い」今季も熾烈

公開日: 更新日:

 笑顔も今のうちだけかもしれない。

 28日、原巨人の新外国人で右の大砲候補のクリスチャン・ビヤヌエバ(27)、抑え候補のライアン・クック(31)がそれぞれ来日。原監督が同席した会見ではともに、「自分はまだ伸びる。早くチームに合流したい」(ビヤヌエバ)、「ブルペンをしっかり締める、碇のような役割を果たしたい」(クック)と意気込んだが、キャンプでは熾烈なサバイバル競争が待ち受けている。

 今季の巨人の助っ人は支配下だけで8人の大所帯。一軍枠は「4」しかないから、常に半数は二軍で油を売ることになるのだ。

 原監督が復帰したこのオフ、球団は超大型補強を行った。丸、炭谷、岩隈、中島ら実績のある選手をかき集め、5年ぶりのV奪回に目の色を変えている。ファンが悲鳴を上げた生え抜き功労者の内海、長野の流出もなんのその、原監督は「いい方向で考えれば、若い選手たちにチャンスが生まれた。レギュラーを狙う選手たちは(意気)揚々としてほしい」と中堅・若手にハッパをかけているが、それ以上に選手が加わっているのだから、説得力はゼロだろう。

 原監督はその一方で、岩隈らベテラン勢の調整について、本人のコンディションを優先する方針を示し、「そこは横一線で見ていない」と明言しているからなおさらだ。

 助っ人の生存競争に比べたら、ポジション争いはデキレースみたいなものか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

もっと見る