輝星の高評価で尻に火 日ハム先発“当落線上組”は戦々恐々

公開日: 更新日:

「力を(ボールに)うまく伝えられていない。次はストレートだけを投げるとか、視点を変えて投げてみようと思う」

 キャンプ初の休日となった4日、日本ハム吉田輝星(金足農)は他の新人と共に沖縄の伝統楽器・三線に挑戦。5日に予定されているブルペン投球に関してこう言った。

 本人は2日の投球練習に納得がいかなかったようだが、それでも首脳陣の評価は上々。「思った通り。18歳というよりも、投げる力はあるなと」とアリゾナに送られてきた動画をチェックした栗山監督が満足げにこう言えば、加藤二軍投手コーチは「真っすぐが身上の投手だけど、カーブがいいね」とニンマリだ。

 基礎体力や体の強さも含めた吉田の高評価は米アリゾナでキャンプを行う主力組にも届いているそうで、「中でも先発ローテ入りを目指す若手投手は、目の色を変えていると聞きました」と、さるOBがこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  7. 7

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  8. 8

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る