輝星の高評価で尻に火 日ハム先発“当落線上組”は戦々恐々

公開日: 更新日:

「力を(ボールに)うまく伝えられていない。次はストレートだけを投げるとか、視点を変えて投げてみようと思う」

 キャンプ初の休日となった4日、日本ハム吉田輝星(金足農)は他の新人と共に沖縄の伝統楽器・三線に挑戦。5日に予定されているブルペン投球に関してこう言った。

 本人は2日の投球練習に納得がいかなかったようだが、それでも首脳陣の評価は上々。「思った通り。18歳というよりも、投げる力はあるなと」とアリゾナに送られてきた動画をチェックした栗山監督が満足げにこう言えば、加藤二軍投手コーチは「真っすぐが身上の投手だけど、カーブがいいね」とニンマリだ。

 基礎体力や体の強さも含めた吉田の高評価は米アリゾナでキャンプを行う主力組にも届いているそうで、「中でも先発ローテ入りを目指す若手投手は、目の色を変えていると聞きました」と、さるOBがこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  3. 3

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る