順調の日ハム吉田と負傷の中日根尾 2球団育成法の“明と暗”

公開日: 更新日:

 2人の黄金ルーキーに明暗だ。

 24日、日本ハムドラフト1位の吉田輝星(金足農)がプロ入り後初めて捕手を座らせてのブルペン入り。まだまだ出来には納得していない様子だったが、キャンプまで残り1週間、順調に調整を進めている。

 一方、中日1位の根尾昂(大阪桐蔭)は、前日のベースランニング中に右ふくらはぎを軽度の肉離れ。キャンプは二軍スタートに変更となった。

 これには、日ハムと中日の新人育成の違いが関係しているのではないか。

 日ハムの新人選手は、年齢を問わず、6月ごろの実戦デビューを目標に置いている。新人合同自主トレの練習メニューも、あくまで軽め。個別練習は選手の裁量に任されているものの、球団がやりすぎだと判断すればブレーキを踏むこともある。オーバーワークによるケガを防ぐためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  5. 5

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  6. 6

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  7. 7

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  8. 8

    甲子園中止で代替大会はどうなる? 47都道府県高野連直撃

  9. 9

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  10. 10

    甲子園目指す強豪校選手が“代替大会”に乗り気ではない理由

もっと見る