村長ウハウハ 沖縄最北端の国頭村が日ハム輝星フィーバー

公開日: 更新日:

 人口4750人(18年12月末時点)。のどかな沖縄北部の村が大騒ぎになった。お目当ては1日、沖縄・国頭村での日本ハムの二軍キャンプ。その初日、ドラフト1位の吉田輝星(18)が背番号「18」のユニホームを初披露。キャッチボールやノックなどで汗を流した。

 そんな吉田の一挙手一投足を大勢のファンとマスコミが追いかけた。集まった報道陣は32社82人。キー局女子アナまで取材に訪れ、観衆も182人に膨らみ、弁当屋の出店まであった。

 昨年はドラ1・清宮が一軍キャンプだったことで、二軍取材の報道陣は8社32人。観衆も50人と寂しかったが、沖縄最北端という場所で、しかもこの日は平日の二軍キャンプというのに異例の注目度だった。初のブルペン入りが予定されている2日は土曜日。吉田見たさに、初日を上回るファンがやってくるのは間違いないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  7. 7

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  8. 8

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る