阪神鳥谷 サヨナラ勝ちに貢献も「年俸4億円なら当然」の声

公開日: 更新日:

 両軍の投手陣が踏ん張り、開幕戦から延長戦に突入した29日の阪神ヤクルト。勝負を“決めた”のはベテランの一打だった。

 1―1で迎えた延長十一回、阪神先頭打者の代打鳥谷は、フルカウントから真ん中のストレートを強振。右中間フェンス直撃の三塁打に、矢野監督はサヨナラ勝ちでもしたかのようにベンチから飛び出しガッツポーズ。1死後、5番手石山のワイルドピッチで代走の江越がホームを踏んだ。

 鳥谷はお立ち台で「ホームランで決められたらカッコ良かったですが、三塁打の後に代走も出されたし少し恥ずかしいです」と言って照れた。

 開幕戦をモノにした矢野新監督は「(鳥谷に)何回も(代打の)準備をさせて、準備疲れしてるんちゃうか?と聞いたら笑ってたよ。気持ちを感じた一打で、ベンチの前まで出てしまいました」と笑顔を見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  6. 6

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  7. 7

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  10. 10

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

もっと見る