チルドレンには饒舌も…金本前監督“阪神”に興味ナシの心中

公開日: 更新日:

 27日、東京都内で行われた「2019年スカパー!プロ野球メディアラウンドテーブル」に、前阪神監督の金本知憲氏(50)と前ヤクルト監督の真中満氏(48)が出演。15年のドラフトで、高山俊(明大)の1位指名で競合した“因縁”を持つ両氏は、軽妙なトークで会場を沸かせた。

 中でも、昨季限りで阪神監督を辞任した金本氏は、古巣を含めてキャンプ地に姿を見せず、公の場に出ることはほとんどなかった。

「僕は甲斐野投手(東洋大、ソフトバンク1位)が1位で欲しかった。あの球の速さ。高校生だったら藤原選手(大阪桐蔭、ロッテ1位)」

 と、自身が温めていたドラフト構想を明かすと、セの優勝は巨人広島と予想。気になる選手については「丸(佳浩)くらいですかね。巨人に行ってどれだけやれるか。昨年39本塁打でしたけど、球場の狭い東京ドームで昨年以上打つのか、興味がある。阪神戦よりは正直、興味あるかなと(笑い)。巨人と広島の開幕戦は純粋に興味がある」と発言。会場の笑いを誘った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  7. 7

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    かんぽ生命は前途多難 10.5営業再開もお詫び行脚で精一杯

もっと見る