ソロ弾直後“発症”…阪神藤浪「死球グセ」いまだ払拭できず

公開日: 更新日:

「またか!?」

 試合を見ていた誰もがそう思ったことだろう。

 藤浪は11日の紅白戦が初の実戦マウンド。初回はドラフト1位の近本(大阪ガス)に左前打と二盗を許すも無得点に抑えたが、二回に「持病」が出た。

 1死から板山に右中間へソロ弾を許し、これに動揺したのか、続く長坂へのカットボールが左肩付近に当たった。さらに2死後、岡崎への初球もスッポ抜けて背中へぶつけた。結局、2回1失点2死球。最速151キロをマークするも、矢野監督が心配していた面が出た。

 ある阪神OBが言う。

「藤浪の死球癖は技術の問題と指摘するOBはけっこういるが、この日の2死球も初の紅白戦で一発浴びた直後。明らかに心を乱した結果だよ。2年間不振だったので、それだけ追い詰められているのだろうが、やっかいな病気だね。今回の2死球は大事には至らなかったものの、スポーツ紙などで報じられる。藤浪は150キロ以上の球速があり、球質は重い。打者は開幕前にケガだけはしたくない。藤浪が登板する時は打席に立ちたくないはずだよ」

 初の実戦で「発症」した藤浪の完全復活は遠いようだ。

 この日は新助っ人マルテも「5番・一塁」で登場。来日初の実戦で左翼席に2ランを放ち、二回にも左前適時打で3打点。名刺代わりの一発で観客を沸かせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る