山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

今年も何も変わらない…阪神の“テンプレ的”キャンプ情報

公開日: 更新日:

 いよいよプロ野球の春季キャンプが一斉にスタートした。私がひいきにしている阪神タイガースは今年も沖縄県の宜野座村に野球漬けの毎日を過ごす。2月とはいえ、日中の気温は20度を超えているという。練習環境としては最高だろう。

 この時期、関西のマスメディアは阪神情報で盛りだくさんとなる。スポーツ紙は虎戦士の動向が大部分を占め、テレビやラジオでもキャンプリポートが連日のように放送される。しかも、このテレビとは関西においては地上波のことだ。平日の昼帯や夕方に6チャンや8チャンなどで放送されている情報バラエティー番組の中に阪神コーナーが設けられ、吉本の芸人なんかが「虎戦士の誰それはどうこう」と笑い交じりに伝えてくれる。

 関西ではこういう光景が今も日常的なわけだから、巷でよく言う「地上波テレビの野球離れ」なんてものは眉唾ものの俗説に過ぎないと思えてくる。同じく他の地方球団もその地域の地上波放送局と密な関係であることを考えると、前述の「野球離れ」とは“東京ローカル”の話なのではないか。東京ローカルを無理に全国ネット化するから視聴率が取れないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る