山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

今年も何も変わらない…阪神の“テンプレ的”キャンプ情報

公開日: 更新日:

 いよいよプロ野球の春季キャンプが一斉にスタートした。私がひいきにしている阪神タイガースは今年も沖縄県の宜野座村に野球漬けの毎日を過ごす。2月とはいえ、日中の気温は20度を超えているという。練習環境としては最高だろう。

 この時期、関西のマスメディアは阪神情報で盛りだくさんとなる。スポーツ紙は虎戦士の動向が大部分を占め、テレビやラジオでもキャンプリポートが連日のように放送される。しかも、このテレビとは関西においては地上波のことだ。平日の昼帯や夕方に6チャンや8チャンなどで放送されている情報バラエティー番組の中に阪神コーナーが設けられ、吉本の芸人なんかが「虎戦士の誰それはどうこう」と笑い交じりに伝えてくれる。

 関西ではこういう光景が今も日常的なわけだから、巷でよく言う「地上波テレビの野球離れ」なんてものは眉唾ものの俗説に過ぎないと思えてくる。同じく他の地方球団もその地域の地上波放送局と密な関係であることを考えると、前述の「野球離れ」とは“東京ローカル”の話なのではないか。東京ローカルを無理に全国ネット化するから視聴率が取れないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  9. 9

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 10

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

もっと見る