日ハム中田 怒りのサヨナラ満弾で気になる“改心”の本気度

公開日: 更新日:

「ベンチに座ってるときから、2人連続の敬遠もあると思って準備はしてましたけど、目の前で見たらナメてるなと。気合入りました」

 29日、オリックスとの開幕戦でサヨナラ満塁本塁打を放った日本ハムの中田翔(29)が、お立ち台でこう言った。

 同点の延長十回裏1死三塁の場面で、オリックスベンチは2番西川と3番近藤を申告敬遠。塁を埋めて、それまで4タコの4番中田との勝負を選択したが、これが主砲の怒りを買った。

「犠牲フライでなく一発を狙った」と言う中田は、岩本の5球目147キロのストレートを左中間スタンドに放り込んだ。

 2014、16年の打点王も近年はサッパリ。17年のシーズン中に国内FAを取得するも、打率・216、16本塁打、67打点に終わり、仮に宣言しても獲得に動く球団はなかったといわれる。しかし、昨18年シーズンは野球への取り組み方からして変わったそうで、「人間、変われば変わるもの」と目を白黒させたフロント幹部も。一時は本気でトレードを検討していた球団が、オフに3年総額10億円の大型契約を結んだ。まずは上々のスタートを切った中田は本当に「変わった」のかどうか、今後に注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  7. 7

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  8. 8

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  9. 9

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る