“問題児”が日ハムで評価一転…中田翔「残留」決意の裏側

公開日: 更新日:

 中田翔(29)といえば昨年までグラウンド内外の「問題児」だった。

 昨季は打率.216、16本塁打、67打点。チャンスでもからっきしだった。グラウンド外でも若手を飲みに連れ回し、結果として骨抜きにしてしまうことがフロントや首脳陣に問題視された。内部では、FA権を取得する以前に、トレードで放出するプランが真剣に検討されたほど。

 球団サイドは熨斗をつけて売り飛ばしたいのが本音だったとはいえ、取得したFA権を行使しようにも引き取り手がないのが実情だった。今季年俸は8000万円減の2億円だった。

 そんな中田が、今年は内部の評価をガラリと変えた。グラウンドを離れての評判は相変わらずらしいが、打率.265、25本塁打、106打点。久々に4番らしい仕事をした主砲を、球団は再評価しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る