“問題児”が日ハムで評価一転…中田翔「残留」決意の裏側

公開日:

 中田翔(29)といえば昨年までグラウンド内外の「問題児」だった。

 昨季は打率.216、16本塁打、67打点。チャンスでもからっきしだった。グラウンド外でも若手を飲みに連れ回し、結果として骨抜きにしてしまうことがフロントや首脳陣に問題視された。内部では、FA権を取得する以前に、トレードで放出するプランが真剣に検討されたほど。

 球団サイドは熨斗をつけて売り飛ばしたいのが本音だったとはいえ、取得したFA権を行使しようにも引き取り手がないのが実情だった。今季年俸は8000万円減の2億円だった。

 そんな中田が、今年は内部の評価をガラリと変えた。グラウンドを離れての評判は相変わらずらしいが、打率.265、25本塁打、106打点。久々に4番らしい仕事をした主砲を、球団は再評価しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る