“問題児”が日ハムで評価一転…中田翔「残留」決意の裏側

公開日: 更新日:

 中田翔(29)といえば昨年までグラウンド内外の「問題児」だった。

 昨季は打率.216、16本塁打、67打点。チャンスでもからっきしだった。グラウンド外でも若手を飲みに連れ回し、結果として骨抜きにしてしまうことがフロントや首脳陣に問題視された。内部では、FA権を取得する以前に、トレードで放出するプランが真剣に検討されたほど。

 球団サイドは熨斗をつけて売り飛ばしたいのが本音だったとはいえ、取得したFA権を行使しようにも引き取り手がないのが実情だった。今季年俸は8000万円減の2億円だった。

 そんな中田が、今年は内部の評価をガラリと変えた。グラウンドを離れての評判は相変わらずらしいが、打率.265、25本塁打、106打点。久々に4番らしい仕事をした主砲を、球団は再評価しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  8. 7

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  9. 8

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  10. 9

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る