ソフトB千賀 今季初球161キロの圧巻でメジャー移籍に前進

公開日: 更新日:

 いきなりヤフオクドームがどよめいた。

 29日の西武戦。ソフトバンクの開幕マウンドに上がった千賀滉大(26)が今季1球目に自己最速の161キロを記録したのだ。続く2球目も161キロ。4球目にも160キロを投げ込む“大台”連発に、スタンドのどよめきは収まらなかった。

 千賀は昨年の契約更改で入札制度によるメジャー移籍を直訴。今年1月には後藤球団社長らと話し合いを持った。ソフトバンクはこれまで同制度を認めていない。結論は持ち越されたようだが、千賀本人は本紙の取材にこう言っている。

「球団からは『気持ちはよく分かった』という言葉をいただいた。まずは(自分の)気持ちや選手の現状を伝えられたことが大きかった」

 6回無失点109球で降板したこの日の千賀はストレート66球のうち150キロ超えが実に57球、41球が155キロ以上という圧巻の投球だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  2. 2

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  5. 5

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

  6. 6

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  7. 7

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  10. 10

    徹底した補償も盛り込まれていない間抜けな補正予算案

もっと見る