若手に喝! ソフトBの打撃職人が語るプロ哲学と“長谷川流”

公開日: 更新日:

 あたり一面にボールが転がり、足の踏み場もないほどだった。トスされたボールを息つく暇もなく6球連続打つと、スタッフがボールを補充。また6球打ち……という光景が室内練習場で延々と繰り返されていた。これをキャンプの日課にしているのがソフトバンク13年目の長谷川勇也(34)だ。2013年に首位打者(打率・341)と最多安打(198本)を獲得した、タカの打撃職人。去年の契約更改では若手に対し、「意識の高い選手がいない」とバッサリ。「若手に負けるとは思ってないし、負けるわけがない。なんなら、負けちゃいけないとも思います」と、苦言を呈していた。改めて話を聞くと……。

 ◇  ◇  ◇

 ―――日刊ゲンダイです。ボールがいっぱいに詰まったカゴを何箱も打っている。あのカゴは何球くらい入っている?

「130球くらいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る