オリドラ1位太田椋 全治3カ月の骨折より心配な“トラウマ”

公開日: 更新日:

 心も折れてしまうのか。

 8日、教育リーグのソフトバンク戦に出場したオリックスのドラフト1位、太田椋(18=天理)。悲劇は三回に起きた。先発のマウンドに上がった千賀滉大(26)のツーシームが右手付近に直撃。激痛に顔を歪め、スタッフに支えられながら、病院へ直行した。

 診断結果は「右尺骨骨幹部骨折」。全治約3カ月の重傷で、前半戦での復帰は絶望的となった。

 春季キャンプこそ二軍だったが、6日の教育リーグ中日戦では4打数3安打1得点の活躍。実戦に入って打撃を猛アピールしていた。首脳陣の期待と評価が高まり、9日の巨人とのオープン戦で“一軍デビュー”が予定されていた直後の大ケガだ。

 新人の右手をえぐった千賀は投げた直後に「ごめん!」と大声で叫んだが、太田は周囲に吐き気を訴えていたという。今後、ケガの治癒以上に心配されるのが、球界を代表する右腕の剛速球をぶつけられた18歳が心に負った恐怖心とトラウマだ。

 昨オフ、オリックスは金子弌大、西勇輝といったエース級が抜け、ベテランの中島宏之も退団。次々にチームの顔が去っていく中、太田は同チームで打撃投手を務める父との「親子鷹」という話題性もある期待の星だった。

 千賀の剛球は、球団にとっても痛い1球となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る