阪神“不名誉記録”ズラリ 矢野采配は金本時代と変わりなし

公開日: 更新日:

 在阪スポーツ紙には早くも「不名誉記録」が並べ立てられた。

 3日の巨人戦も敗れて3連敗となった阪神。“2009年以来となる10年ぶりの巨人戦連敗スタート”“開幕から5試合連続3得点以下は1995年以来24年ぶり”なんだそうである。

 この日も序盤から主導権を握られた。先発の青柳(25)が三回2死一、三塁から巨人3番の丸に3ランを浴びると、4番の岡本にも2者連続となる一発を献上。七回には2番手の飯田(28)が2死走者なしからまさかの3連続四球を与え、岡本の適時二塁打で致命的な2点を失った。打線は巨人先発のメルセデスの前に七回まで散発の3安打無得点。八回にようやく3点を返したものの、それが精いっぱいだった。

「4番の大山(24)はこの日も4タコ。これで3試合連続ヒットなしの打率・111で、チーム周辺からは早くも『打順降格か』なんて声が聞かれる。開幕戦で7回1失点と好投したメッセンジャー(37)、唯一レギュラーで打率3割を超えている糸井(37)、この日の八回に投げて3者連続三振で片づけた藤川(38)と結局、今年も頼りになるのはベテラン勢という状況だ。これじゃあ、最下位だった昨年と何も変わらんよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  3. 3

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  4. 4

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  9. 9

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  10. 10

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る