阪神“不名誉記録”ズラリ 矢野采配は金本時代と変わりなし

公開日: 更新日:

 在阪スポーツ紙には早くも「不名誉記録」が並べ立てられた。

 3日の巨人戦も敗れて3連敗となった阪神。“2009年以来となる10年ぶりの巨人戦連敗スタート”“開幕から5試合連続3得点以下は1995年以来24年ぶり”なんだそうである。

 この日も序盤から主導権を握られた。先発の青柳(25)が三回2死一、三塁から巨人3番の丸に3ランを浴びると、4番の岡本にも2者連続となる一発を献上。七回には2番手の飯田(28)が2死走者なしからまさかの3連続四球を与え、岡本の適時二塁打で致命的な2点を失った。打線は巨人先発のメルセデスの前に七回まで散発の3安打無得点。八回にようやく3点を返したものの、それが精いっぱいだった。

「4番の大山(24)はこの日も4タコ。これで3試合連続ヒットなしの打率・111で、チーム周辺からは早くも『打順降格か』なんて声が聞かれる。開幕戦で7回1失点と好投したメッセンジャー(37)、唯一レギュラーで打率3割を超えている糸井(37)、この日の八回に投げて3者連続三振で片づけた藤川(38)と結局、今年も頼りになるのはベテラン勢という状況だ。これじゃあ、最下位だった昨年と何も変わらんよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  9. 9

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  10. 10

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

もっと見る