評論家が提案 阪神藤浪“荒れ球ポジティブ思考”のススメ

公開日: 更新日:

 無期限の二軍行きが決まった。

 12日、中日とのオープン戦に先発した阪神藤浪晋太郎(24)。制球難に苦しみ、特に右打者の内角への抜け球が多い藤浪に対して、中日はスタメンに左打者9人を並べた。四球によるケガ人を防ぐ自衛策だが、それでも藤浪は三回に亀沢の足元をえぐる死球を与えるなど、4四死球2暴投と相変わらずの大荒れだった。

 試合後、矢野監督は二軍での再調整を明言。藤浪も「自分にがっかり」と肩を落としたものの、4回を投げて打たれた安打はゼロである。味方の失策が絡んで1点こそ失ったが、自責もゼロだった。

 西武で2000安打を達成した評論家の山崎裕之氏はこう言う。

「ボールがどこへ来るか分からない投手というのは、バッターにとって大きな恐怖。どうしても踏み込みにくくなる。一度でも死球を受けた選手なら恐怖心も残ります。しかも、打者からすれば、藤浪のようなタイプは普通の投手のように狙い球を絞ったり、自分に対する攻め方を考えて対策を取るというのが通用しない。そもそも体格も良く、角度があって速い球を投げられるという天性の才がある。荒れ球は藤浪の長所という考え方もできます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

  9. 9

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  10. 10

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

もっと見る