評論家が提案 阪神藤浪“荒れ球ポジティブ思考”のススメ

公開日: 更新日:

 無期限の二軍行きが決まった。

 12日、中日とのオープン戦に先発した阪神の藤浪晋太郎(24)。制球難に苦しみ、特に右打者の内角への抜け球が多い藤浪に対して、中日はスタメンに左打者9人を並べた。四球によるケガ人を防ぐ自衛策だが、それでも藤浪は三回に亀沢の足元をえぐる死球を与えるなど、4四死球2暴投と相変わらずの大荒れだった。

 試合後、矢野監督は二軍での再調整を明言。藤浪も「自分にがっかり」と肩を落としたものの、4回を投げて打たれた安打はゼロである。味方の失策が絡んで1点こそ失ったが、自責もゼロだった。

 西武で2000安打を達成した評論家の山崎裕之氏はこう言う。

「ボールがどこへ来るか分からない投手というのは、バッターにとって大きな恐怖。どうしても踏み込みにくくなる。一度でも死球を受けた選手なら恐怖心も残ります。しかも、打者からすれば、藤浪のようなタイプは普通の投手のように狙い球を絞ったり、自分に対する攻め方を考えて対策を取るというのが通用しない。そもそも体格も良く、角度があって速い球を投げられるという天性の才がある。荒れ球は藤浪の長所という考え方もできます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    MLBとは対照的 旧態依然な“天下り天国”日本プロ野球の限界

  7. 7

    「ボイパのおっくん」も擁立 立民“プチ有名人”作戦の吉凶

  8. 8

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  9. 9

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  10. 10

    テレ朝vs日テレで勃発 若貴兄弟“和解特番”争奪戦の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る