マリナーズ雄星が初のスライド 休養十分で中6日マウンドへ

公開日: 更新日:

 マリナーズ・菊池雄星(27)の登板が先送りされた。

 当初は4日(日本時間5日)、敵地シカゴ(ギャランティード・レイト・フィールド)でのホワイトソックス戦に先発予定だった。当日は荒天が予想されるため、5日(同6日)への順延が決まった。これにより、菊池は5日の試合にスライド登板する。

 メジャー1年目の菊池は、アスレチックスとの日本開幕2戦目(東京ドーム)を含む2試合(計10・2イニング)に登板し、勝敗はなく、防御率2.53。米国デビュー戦となった3月29日のレッドソックス戦では、昨季の世界一チームを相手に6回3失点と好投しながら、守護神ストリックランドが逆転を許して初白星はお預けとなっていた。

 今回は中6日の休養十分でのマウンドとなるだけに、これまで以上の投球内容が求められる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  9. 9

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  10. 10

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

もっと見る