マリナーズ雄星が初のスライド 休養十分で中6日マウンドへ

公開日: 更新日:

 マリナーズ・菊池雄星(27)の登板が先送りされた。

 当初は4日(日本時間5日)、敵地シカゴ(ギャランティード・レイト・フィールド)でのホワイトソックス戦に先発予定だった。当日は荒天が予想されるため、5日(同6日)への順延が決まった。これにより、菊池は5日の試合にスライド登板する。

 メジャー1年目の菊池は、アスレチックスとの日本開幕2戦目(東京ドーム)を含む2試合(計10・2イニング)に登板し、勝敗はなく、防御率2.53。米国デビュー戦となった3月29日のレッドソックス戦では、昨季の世界一チームを相手に6回3失点と好投しながら、守護神ストリックランドが逆転を許して初白星はお預けとなっていた。

 今回は中6日の休養十分でのマウンドとなるだけに、これまで以上の投球内容が求められる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る