スカウト絶賛の大船渡・佐々木朗希“メジャー強奪”に現実味

公開日: 更新日:

 3月31日、栃木の矢板運動公園野球場のネット裏には、いわくつきの外国人2人の姿があった。

 いずれもドジャースのフロント幹部。ひとりはゲレン・カー編成部長、もうひとりはジョン・ディーブル環太平洋スカウト部長。今秋ドラフトの目玉、大船渡(岩手)の佐々木朗希(3年)が作新学院との練習試合に登板する姿をチェックしていたのだ。

 2人は大谷(現エンゼルス)をめぐってタンパリングを疑われた経緯がある。

 2016年11月、WBC日本代表とメキシコとの強化試合の練習中、ドジャースの主砲だったエイドリアン・ゴンザレスが大谷と談笑した際、その場にいたことが問題になった。MLBが調査し、翌17年、全30球団に対して日本ハムのアリゾナキャンプで大谷との接触を禁止する通達が出たほど。選手を獲得するためならルール違反と指摘される行為もいとわない連中が、佐々木に目を付けているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る