スカウト絶賛の大船渡・佐々木朗希“メジャー強奪”に現実味

公開日: 更新日:

 3月31日、栃木の矢板運動公園野球場のネット裏には、いわくつきの外国人2人の姿があった。

 いずれもドジャースのフロント幹部。ひとりはゲレン・カー編成部長、もうひとりはジョン・ディーブル環太平洋スカウト部長。今秋ドラフトの目玉、大船渡(岩手)の佐々木朗希(3年)が作新学院との練習試合に登板する姿をチェックしていたのだ。

 2人は大谷(現エンゼルス)をめぐってタンパリングを疑われた経緯がある。

 2016年11月、WBC日本代表とメキシコとの強化試合の練習中、ドジャースの主砲だったエイドリアン・ゴンザレスが大谷と談笑した際、その場にいたことが問題になった。MLBが調査し、翌17年、全30球団に対して日本ハムのアリゾナキャンプで大谷との接触を禁止する通達が出たほど。選手を獲得するためならルール違反と指摘される行為もいとわない連中が、佐々木に目を付けているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る