衝撃2Gデビューの香川 “トルコ経由”欧州5大リーグ行きの目

公開日: 更新日:

 これ以上にないド派手なデビューだった。

 独ブンデスリーガ1部ドルトムントから、トルコ1部ベシクタシュに移籍したばかりの元日本代表MF香川真司(29)が3日、アンタルヤスポルとのアウェー戦の後半36分に途中出場。すると「9分間で2得点」の大活躍に地元メディアから「トルコリーグの歴史に名前を残した」と手放しで大絶賛された。

 今季、ドルトムントを完全戦力外となった香川は、1月の移籍期間中にスペイン行きを熱望。結局、UEFA(欧州連盟)国別ランク4位のドイツから同10位のトルコに「都落ち」したワケだが、「移籍は大正解だった」とサッカージャーナリストの中山淳氏がこう言う。

「欧州5大リーグに固執してスペイン、フランスのクラブに移籍したはいいが、選手層が厚くて試合出場に四苦八苦しているようでは、愛着のあるドルトムントを離れる意味がない。今の香川には<とにかく試合に出場して健在ぶりをアピールする>ことが最優先課題ですからね。トルコのレベルは<欧州の第2グループと第3グループとの中間>だが、ここでトップフォームを取り戻すことができれば、今季終了後にはドイツやスペインの上位クラブへの移籍の道も開けてくる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る