開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

公開日: 更新日:

 起死回生の一手はないのか。

 4勝11敗、開幕5カードすべてで負け越している広島。投手陣崩壊は深刻で、80失点は12球団ワースト。与四球はセ・リーグ最多の63個だ。

 まず、先発の計算が立たない。辛うじて安定感があるのは大瀬良と床田くらい。ジョンソンは2試合で9失点(防御率9.00)。九里は3試合で10失点(防御率5.93)。2試合連続で五回まで持たず、先発ローテ剥奪の可能性も出ている。岡田も2試合で9失点と大荒れで、二回途中6失点KOとなった翌日に二軍落ち。このままでは、3枚目以降の先発ローテが「白紙」になるかもしれない。

 アドゥワの先発転向、中村祐の昇格も検討されているが、秘密兵器として期待されているのが2人の助っ人だ。

 まずは、このオフに補強したローレンス(31)の昇格だ。課題だった投手力強化のため、昨年12月に獲得した右腕。2月の練習試合では3回7失点と調整遅れを露呈して二軍行き。3月25日には祖父の葬儀に参列するため一時米国へ帰国したが、来日後はファームで2試合(計11回)に登板し、自責3と結果を残している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  10. 10

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る