泥沼5連敗…広島・鈴木に聞いたチームの現状と4番の自覚

公開日: 更新日:

 塁に出たのはわずか2人だった。

 12日、広島がDeNAに1安打完封負け。連敗は5に膨らみ、両リーグ10敗一番乗りとなった。3連覇を果たした昨季までの強さが嘘のように自慢の打線は沈黙し、かねて課題だった投手陣は崩壊に拍車がかかっている。

 緒方監督は「バッター全員が振れていないわけじゃない。切り替えてまた明日やるだけ」と話したが、このまま負の連鎖は続くのか。

 試合前に4番に座る鈴木誠也(24)を直撃すると、「寒いからじゃないですか。まだ始まったばかりですよ」と前向きだった。

 主軸の丸が巨人へFA移籍し、精神的支柱だった新井が現役引退。ベンチのメンバーは様変わりした。それが今季の停滞の一因として挙げられることが多いが、鈴木は冷静だ。

「確かに新井さんが声を出してベンチを盛り上げてくれた部分は大きかった。(3連覇して)今まで勝っていたからこそ、負けが続くといろいろ言われるのは想像していたし、自分を筆頭に打てないから騒がれる(自己ワーストの20打席無安打)。これで勝ち始めたら、みんな手のひら返して反対のことを言い出すんじゃないですか(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る