4カード連続負け越し…広島ボロボロの裏に深刻“新井ロス”

公開日: 更新日:

「昨年までとは違い、ベンチに覇気がない」

 ライバル球団のあるコーチが、広島についてこう指摘した。

 10日のヤクルト戦は3―15の大敗。これで4カード連続負け越しとなり、開幕11試合で3勝8敗と苦しんでいる。チーム総得点はリーグワーストの35。自慢の打線が低調である上に、菊池涼、田中の二遊間コンビを中心とした鉄壁の守備にもほころびが見え、この日だけで4失策。今季17失策はリーグ最多だ。貧打とザル守備が、ただでさえ脆弱な投手陣の足を思い切り引っ張っている。

 冒頭のコーチは、「中軸の丸が抜けた穴は確かに大きいと思う。3番に野間を入れたことで下位打線が弱くなり、1番田中、5番松山の不振も重なって、得点力不足は顕著に。守備も乱れ、広島が得意としていたミスに付け込む野球を逆にやられている。何よりここまでもたついているのは、新井(貴浩)がいなくなったことが影響しているのではないか」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  4. 4

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  5. 5

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    チャンミン結婚へ 東方神起とJYJにみる韓国芸能界の光と影

もっと見る