大船渡高・佐々木朗希はいきなり海を渡るのがベストな根拠

公開日: 更新日:

 わたしはこれまで、日本の高校生が直接、メジャー挑戦することに否定的だった。

 マイナーの生存競争はとにかく苛酷。自分の野球用具を盗まれることだって珍しくない。中南米からの選手も含め、他人を蹴落としてでもメジャーに上がろうと目をギラギラさせている連中が多い。そんな生き馬の目を抜く世界で、精神的にも肉体的にも大人になり切っていない18歳が、はい上がっていける保証はどこにもないからだ。

 しかし、この高校生に限っては持論を覆さなければならない。大船渡高の右腕・佐々木朗希のことだ。

 春先に一度、岩手まで足を運んで練習を見たが、先日、日本の情報提供者から送られてきた実戦のビデオを見て愕然とした。163キロのフォーシームはもちろん、スライダーのキレも申し分ない。高校時代の大谷(現エンゼルス)や菊池(現マリナーズ)と比べても速い球を投げるうえ、彼らと決定的に異なるのは制球力だ。投球のほとんどが捕手の構えたミットに収まっていた。コントロールは、いまの大谷より優れているのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    フジの河田町時代知る牧原アナ お台場移転で“残念”なこと

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る