敵将が滑り止め使用を指摘 マ軍雄星“不正投球疑惑”の波紋

公開日: 更新日:

 ルーキー左腕に不正投球疑惑が浮上した。

 8日(日本時間9日)のヤンキース戦で八回途中3安打1失点で2勝目(1敗)を挙げたマリナーズ・菊池雄星(27)が、マウンド上で滑り止めを使用していたというのである。複数の米メディアが伝えている。

 地元紙「ニューヨーク・ポスト」(電子版=8日付)は、「マリナーズの投手と謎の物質によってヤンキースは追いつめられた」との見出しで、菊池の帽子のツバが汚れている写真入りの記事を掲載。記事によると、ブーン監督は「試合終盤に気付いた。そういう話をしているのが、私の耳に入った。八回ごろに知らされた。後で確認してみる」と、菊池がマツヤニなどの滑り止めを使用していたとほのめかしたという。

 投手がマウンド上で滑り止めを使うのは、メジャーでもご法度だ。不正投球の事実が確認されれば、10試合の出場停止処分が科される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る