敵将が滑り止め使用を指摘 マ軍雄星“不正投球疑惑”の波紋

公開日: 更新日:

 ルーキー左腕に不正投球疑惑が浮上した。

 8日(日本時間9日)のヤンキース戦で八回途中3安打1失点で2勝目(1敗)を挙げたマリナーズ・菊池雄星(27)が、マウンド上で滑り止めを使用していたというのである。複数の米メディアが伝えている。

 地元紙「ニューヨーク・ポスト」(電子版=8日付)は、「マリナーズの投手と謎の物質によってヤンキースは追いつめられた」との見出しで、菊池の帽子のツバが汚れている写真入りの記事を掲載。記事によると、ブーン監督は「試合終盤に気付いた。そういう話をしているのが、私の耳に入った。八回ごろに知らされた。後で確認してみる」と、菊池がマツヤニなどの滑り止めを使用していたとほのめかしたという。

 投手がマウンド上で滑り止めを使うのは、メジャーでもご法度だ。不正投球の事実が確認されれば、10試合の出場停止処分が科される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  10. 10

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

もっと見る