パ単独トップ日ハム有原 ポスティングでの米行きに現実味

公開日: 更新日:

 189センチ、101キロの恵まれた体格から、150キロ台中盤の速球を投げる――。

 早大4年時にはヤンキースの球団幹部がその投球を視察するためにわざわざ来日したポテンシャルがありながら、昨年までの4年間は8勝、11勝、10勝、8勝といまひとつパッとしなかった。肩肘の故障を繰り返す日本ハム有原航平(26)の姿を見ては「もったいないなぁ」とタメ息をついたメジャースカウトは1人や2人ではない。

 その有原がプロ5年目の今季は、ここまで故障もなく順調なシーズンを送っている。14日の楽天戦は8回を4安打1失点に抑えてリーグトップの5勝目(1敗)。「打線が点を取ってくれたので投げやすかった」という。肩肘の不安さえなければ、このくらいの投球は当たり前ということか。試合後の栗山監督は「もっともっと勝てる投手だと思っている」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る