もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

公開日: 更新日:

 巨人坂本勇人(30)が止まらない。

 12日のヤクルト戦で開幕戦からの連続試合出塁を36とし、セ・リーグ記録を更新。1983年にスティーブ(西武)がマークした2リーグ制後のプロ野球記録まであと4試合に迫った。残念ながら14日の阪神戦で記録は途絶えたものの、開幕前からこだわっていた出塁率は、14日現在.415。凄みは塁に出ることだけではない。打率.338、13本塁打、30打点で単独3冠だ。

 2016、17年と2年連続でゴールデン・グラブ賞を受賞している遊撃の守備面でも年々安定感を増し、今季の守備率は.980でリーグ2位である。

 こうなると野球ファンには素朴な疑問が浮かぶのではないか。

 今どきの日本のトップ選手は最高峰のレベルを誇り、カネもいいメジャーを目指すことが多い。坂本勇は若手の頃、周囲にメジャーへの淡い夢を語っていたことがある。3年前の16年7月に海外FA権を取得済み。同い年で幼馴染みの田中(ヤンキース)、仲がいい前田(ドジャース)はメジャーで活躍している。田中はヤンキースと7年160億円という大型契約を結ぶ。日本を代表する打者であり、花形遊撃手なのに、なぜメジャーリーグに挑戦しないのか――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る