アスレチックスの餌食に…日ハム有原にメジャーのぶ厚い壁

公開日: 更新日:

「メジャーが彼にとっても身近なものと感じてもらえると思う」

 17日のアスレチックス戦。日本ハムの栗山監督は試合前、先発した有原航平(26)について、こう言っていた。

 有原はかねてメジャー志向があるといわれている。大学ナンバーワン右腕と評価された早大時代には米ロサンゼルスのMLBアーバンアカデミーでキャンプを行い、現地の大学生と対戦。ドジャースタジアムを見学して目を輝かせた。米球界も有原に注目し、4年時にはヤンキースが熱視線を送った。

 そんな右腕も入団5年目を迎え、昨季までの通算成績は37勝33敗、防御率4.19。150キロ超のストレートにスライダーやフォークなど多彩な変化球を持ちながら、エースになり切れない。昨季も途中で抑えに回ったとはいえ、8勝5敗2セーブ、防御率4.55。素質を高く評価するだけに、栗山監督には歯がゆい思いがあり、憧れのメジャーとの対戦で一皮むけてくれればという期待があったのだ。しかし、結果は出なかった。4回を投げて4四球と制球に苦しみ、7安打4失点。三回には5連打を浴び、マウンド上で呆然と天を仰いだ。

「ストライク先行のピッチングができず、苦しいリズムで良くない投球になってしまいました。アスレチックスのバッターはスイングが速かった」(有原)

 残念ながら、メジャーが「身近なもの」とは思えなかったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  7. 7

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  8. 8

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    「我慢できない」は嘘 矢野監督よ虎ファンを見くびるな!

もっと見る