U-20W杯メキシコ戦は3-0で圧勝 宮代・田川の2トップが3発

公開日: 更新日:

 ポーランドで開催中のU―20W杯でグループリーグB組の日本代表が26日、2戦目の相手メキシコを3―0で下し、この時点で決勝トーナメント進出に大きく近付いた。

 開始早々、スペイン1部ベティスで活躍しているメキシコの背番号10FWライネスに決定機をつくられるが、これをGK若原がビッグセーブでピンチを切り抜けた。前半21分に日本が先制する。

 東京VのMF藤本が浮き球パスを相手DFの背後に送る。走り込んだ川崎FW宮代が、左足でダイレクトシュートを放つと、ボールは右ポストに当たってゴールインだ。

 宮代は後半31分にもゴールを決め、勝ち点3上積みの功労者となった。「実力派チームの川崎でのレギュラー争いにもまれ、日ごとに成長しているのが頼もしい」と元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が言う。

「相手ゴール前でボールを受け、GKと至近距離で右足を振り抜いて決めた2点目にしても、FW宮代の持ち味である<ゴール前での沈着冷静さ>が出てました。身長178センチ、体重73キロと強靱なフィジカルに恵まれているわけではないが、前線でボールを収めるプレーもできる。今後の試合でも、決定力の高さを十二分に生かしてほしい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  2. 2

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  3. 3

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  4. 4

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  7. 7

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  8. 8

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  9. 9

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  10. 10

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る