U-20W杯メキシコ戦は3-0で圧勝 宮代・田川の2トップが3発

公開日: 更新日:

 ポーランドで開催中のU―20W杯でグループリーグB組の日本代表が26日、2戦目の相手メキシコを3―0で下し、この時点で決勝トーナメント進出に大きく近付いた。

 開始早々、スペイン1部ベティスで活躍しているメキシコの背番号10FWライネスに決定機をつくられるが、これをGK若原がビッグセーブでピンチを切り抜けた。前半21分に日本が先制する。

 東京VのMF藤本が浮き球パスを相手DFの背後に送る。走り込んだ川崎FW宮代が、左足でダイレクトシュートを放つと、ボールは右ポストに当たってゴールインだ。

 宮代は後半31分にもゴールを決め、勝ち点3上積みの功労者となった。「実力派チームの川崎でのレギュラー争いにもまれ、日ごとに成長しているのが頼もしい」と元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が言う。

「相手ゴール前でボールを受け、GKと至近距離で右足を振り抜いて決めた2点目にしても、FW宮代の持ち味である<ゴール前での沈着冷静さ>が出てました。身長178センチ、体重73キロと強靱なフィジカルに恵まれているわけではないが、前線でボールを収めるプレーもできる。今後の試合でも、決定力の高さを十二分に生かしてほしい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る