“最強世代”U-20W杯出場決定 東京五輪でアテになる選手は?

公開日: 更新日:

 19歳以下(U―19)日本代表が28日、AFC(アジアサッカー連盟)主催のU―19選手権準々決勝でホスト国であるインドネシアを2―0で下し、19年にポーランドで開催されるU―20W杯の出場権(同選手権ベスト4以上)をゲットした。

 5万人超の相手サポーターの熱狂応援、相手選手のラフプレー、デコボコのピッチ、そして激しい雷雨に悩まされた日本だったが、終わってみれば前半40分にDF東(18=広島ユース)の目の覚めるような25メートル弾丸ミドルとFW宮代(18=川崎ユース)のゴールで勝利を収め、2大会連続10回目のW杯出場を決めた。

「現U―19代表の選手は<最強世代>と言われているが、決して過大評価ではない。歴代の代表と違って今季J1でレギュラーを張っている選手が多く、たとえばDF橋岡(19)は浦和で20試合以上プレーしている。ほかに湘南MF斉藤(19)や鹿島MF安部(19)らのように20試合近くプレーしている選手も少なくない。今大会で歴代最強という評価にふさわしい強さを見せ、当然のようにW杯チケットを獲得した」(元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る