“最強世代”U-20W杯出場決定 東京五輪でアテになる選手は?

公開日: 更新日:

 19歳以下(U―19)日本代表が28日、AFC(アジアサッカー連盟)主催のU―19選手権準々決勝でホスト国であるインドネシアを2―0で下し、19年にポーランドで開催されるU―20W杯の出場権(同選手権ベスト4以上)をゲットした。

 5万人超の相手サポーターの熱狂応援、相手選手のラフプレー、デコボコのピッチ、そして激しい雷雨に悩まされた日本だったが、終わってみれば前半40分にDF東(18=広島ユース)の目の覚めるような25メートル弾丸ミドルとFW宮代(18=川崎ユース)のゴールで勝利を収め、2大会連続10回目のW杯出場を決めた。

「現U―19代表の選手は<最強世代>と言われているが、決して過大評価ではない。歴代の代表と違って今季J1でレギュラーを張っている選手が多く、たとえばDF橋岡(19)は浦和で20試合以上プレーしている。ほかに湘南MF斉藤(19)や鹿島MF安部(19)らのように20試合近くプレーしている選手も少なくない。今大会で歴代最強という評価にふさわしい強さを見せ、当然のようにW杯チケットを獲得した」(元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  4. 4

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  10. 10

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る