FC東京FW田川亨介はポーランドU-20W杯で覚醒できるのか?

公開日: 更新日:

 ポーランドで今月23日に開幕するU―20(20歳以下)W杯に参戦するU―20日本代表が13日、千葉県内で流通経済大と練習試合を行い、5―0で完勝して国内調整を終えた。試合後、指揮官の影山監督は「素晴らしかった。(選手は)頭の中をW杯モードにしてくれた」と笑顔を見せた。

 及第点のプレーを見せた選手のひとりが、キャプテンマークを巻いて前後半フル出場したFC東京所属FW田川亨介である。

「フィジカルが強くてスピードもあり、ボールを持ち込んでのシュート力もある。空中戦も勝負強い。万能型のFWとして期待値も高いが、惜しむらくはここぞ! という局面でゴールに嫌われるところです。この日の流経大戦後半にゴールを決めたが、相手DFのミスを突いてGKとの1対1に持ち込み、冷静にゴールを陥れた。こういう局面はFC東京でも結果を出せるが、チャンスにあっさりゴールチャンスを逃すことがある。W杯本大会では<決定力の高さ>を発揮し、チームの勝利に貢献して欲しい」

 田川が覚醒してゴール量産――。そうなればメダルの可能性も近づく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  2. 2

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  3. 3

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  4. 4

    丸山議員が“宣戦布告” 日本がロシアに戦争を仕掛けたら?

  5. 5

    丸山議員は囲み取材わずか2分 本紙の直撃にも“逃げの一手”

  6. 6

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  7. 7

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  8. 8

    私は転ばない…小川榮太郎氏との「過激な対談」が楽しみだ

  9. 9

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  10. 10

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る