U-20W杯初戦はドロー 南米1位エクアドルに勝ち点1の光明

公開日: 更新日:

 ポーランドで23日(日本時間24日午前3時30分キックオフ)に開幕したサッカーのU―20(20歳以下)W杯初戦で、日本代表はエクアドル代表と対戦し、1―1で引き分けた。

 試合は南米予選1位通過のエクアドルが積極的に攻め入り、守勢一辺倒だった日本は前半終了間際にアンラッキーな失点を食らった。

 相手FKをGK若原が両手でパンチング。これがFW田川の顔面をヒット。ボールは無情にも日本ゴールに吸い込まれた。前半の日本はボール保持率32%・シュート1本(エクアドル5本)と手も足も出なかったが、後半に入ると何度か攻め込めるようになり、同23分に待望の同点ゴールが生まれた。

 相手ゴール前で混戦となり、途中出場のFW宮代(川崎)がボールをキャッチしようとしたGKと交錯。コボレ球をMF山田(横浜M)が、右足でゴール左に冷静に叩き込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る