元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

大苦戦だったU-20W杯初戦 影山監督が見せた大胆な打開策

公開日: 更新日:

 17歳でA代表入りしたMF久保建英(FC東京)らを欠く中、U―20W杯(ポーランド)に挑んでいる日本代表。強豪揃いの死の組(B組)に入った日本のノルマは16強入り。だが、23日の初戦エクアドル戦は前半から一方的に攻め込まれ、1-1のドローに持ち込むのが精一杯だった。それでも「カゲさんがあんな怒鳴り声を上げたのは初めて」とDF瀬古歩夢(C大阪)が驚き半分に語ったように指揮官の凄まじい情熱が、勝ち点1をもたらしたのは事実だろう。

  ◇  ◇  ◇

 福島県いわき市生まれの影山雅永監督(52)は、井原正巳(柏コーチ、元日本代表DF)や中山雅史(J3沼津FW)と筑波大時代の同期。Jリーグ初期の千葉や浦和、仙台でプレーし、96年の引退後は筑波大大学院やケルン体育大学でコーチングを学んだ。筑波大時代には田嶋幸三・日本サッカー協会会長の研究室に在籍。98年フランスW杯で指揮を執った日本代表・岡田武史監督の参謀だった小野剛コーチ(現FC今治監督)らとともに偵察部隊の仕事を務めるなど日本サッカー界のメイン街道を歩みつつあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る